"『お金持ち列車』の乗り方"を伝え、日本のお金に関するリテラシーを高める!!

末岡よしのり公式サイト~メールマガジン~購読無料

MAILMAGAZINE_BACKNUMBER

  • TOP
  • MAILMAGAZINE_BACKNUMBER

2020.01.24メールマガジン

【今日の言葉】一人前の人間になるためにはお金に対する覚悟が必要。

           人物:渋沢栄一

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人の生活とお金が切り離せない以上、
人として責任ある行動を取るためには、

お金の問題についてしっかりとした責任を
持たなければなりません。

日本における資本主義の父と言われる
渋沢栄一氏のこの言葉は、

お金に関するすべてを言い表している
といってもよいでしょう。

出典:億万長者100の言葉
   成功を引き寄せるための人生訓
著者:加谷珪一

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■

  マネーメンター大学 末岡よしのり
    【無料】メールマガジン
      2020/1/24発行

■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■

2020年2月15日(土)東京にて、

ロバート・キヨサキpresents
ハッピーマネーフォーラム

スペシャルVIPディナー会を開催致します。

特別ゲストに本田健氏
ゲストに内藤忍氏、末岡よしのり氏を
招いて開催いたしますので

興味が有る方はぜひご参加ください。

さらに、
末岡よしのり『マネーメンター大学』に
ご入学の方にのみ

特別料金でのご案内もしておりますので
マネーメンター生もぜひご参加ください。

     【イベント詳細】
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
[開催日時]
・2月15日(土) 17:00~21:00(16:50~受付)

 17:00~18:00(スペシャルミニセミナー)
 18:00~21:00(スペシャルVIPディナー会)

[参加費]
・50,000円(税込)

[マネメン生限定 特別料金]
・ギガ大家コース生 10,000円
・小金持ちコース生 30,000円

[会場]
・椿山荘 東京ホテル棟4階 HICKORY ROOM

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2020年の2月にバリ島の大富豪アニキ
とのPrivate Resort Villa Partyと

アニキと末岡よしのりの
コラボシェアホテル現地案内&説明会を
開催します!

映画「神様はバリにいる」の主人公のモデル
となったアニキに会える大チャンス!
ぜひご参加下さい!

      【イベント詳細】
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■2月コース

[開催日時]
・2月21日(金)・22日(土)・23日(日)
 14:00~21:00
 ※3日連続プログラムではありません。

[会場]
・ヌガラ・ヴィラ55
 ※プールがございます。
  各自水着・タオルご持参下さい。

 ※前泊される場合は、
  バリ島中心部のホテル宿泊が
  移動に便利です。

[参加費]
・19,800円(税込)
《含まれない費用》
・飛行機代・各ホテル宿泊費・移動費

《含まれる費用》
・参加日の15:00~21:00のすべての費用
 (食べ飲み放題・ジェゴク鑑賞・会場費)

 各日程25名限定となっておりますので
     申し込みはお早めに

※推奨ホテル
『ハマンリゾート』
『ヴィラ・エイト・リゾート・ヌガラ』

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 た┃っ┃た┃150┃円┃の┃
 ━┛━┛━┛━━━┛━┛━┛
 ペ┃イ┃フ┃ォ┃ワ┃ー┃ド┃
 ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

日本には寄付をする文化が希薄ですが、
欧米では親子で募金活動をするなど
寄付文化が浸透しています。

かつて日本にも、
「喜捨」という文化がありました。

これはもともと仏教用語で、
貧しい人に施すことで徳を積み、
極楽浄土に行くための修行の一環でした。

日本人のDNAにも、
しっかり寄付の文化は根付いているのです。

本当のお金持ちは、
反射的に寄付します。
習慣と言ってもいいかもしれません。

なぜなら、
「お金持ちマインド」には、

「自分が満たされている」という感覚が
欠かせません。

「寄付」という行為は
それを実感させてくれるのです。

寄付の素晴らしい点は、
見えない人を助けていることです。

知っている人を助けるのは当たり前ですが、
見ず知らずの人を助ける行為は、
人として尊いと私は思います。

寄付は、
お金を稼ぐ目的になることもあります。

というのは、年収5000万円~1億円
くらいになると、

個人や家族レベルの欲望が
満たされてしまい、

それ以上稼ぐ気力が失われるからです。

ほとんどの人が「小金持ち」で
終わる理由がこれです。
ところが、
「寄付」を新たな目的にすると、

社会をよくするためのお金はいくらでも
必要ですから、

お金を稼ぐモチベーションを維持することが
できます。

私もさまざまな寄付をしていますが、
いちばんモチベーションに繋がっているのは
故郷への恩返しです。

さくらんぼ狩りやバーベキューなどを
町の人たちと一緒にやることで、

参加する皆さんの笑顔を見るのが
私の喜びです。

私の知り合いはタクシーに降りるときに必ず
「これで暖かいもの(冷たいもの)でも
飲んでください」

と言って、
運転手さんに150円を渡します。

すると、運転手さんはとても喜び、
「忘れ物がありませんように」と
声をかけてくれます。

おそらく、
次のお客さんを乗せたときも、
にこやかに応対することでしょう。

まただれかに対して
親切にするかもしれません。

わずか150円のお金でも、
幸せの輪はどんどん広がっていくのです。

『お金を稼ぐモチベーションを見つけよう』

出典:末岡よしのり著
『お金持ち列車』の乗り方 P122~123

EVENT